2018 1月6日 メス猫を保護。

オス猫を保護した翌日朝、海浜公園へ行きました。

e0039975_13213599.jpg
あやしいと思っていたプレハブの近くを探しました。
すると、あのメス猫の鳴き声が・・・
近くに茶色のふさふさの子猫がいます。
茶色の子猫が、メス猫を呼ぶ様に鳴くと、プレハブの床下からメス猫が顔を出して泣いています。
しかし、メス猫がプレハブの底から出て来る気配がなく、これでは捕まえられません。
私は、捕まえるまでここに滞在すると覚悟を決めていました。
e0039975_13494565.jpg
たびたび、ふさふさの茶色子猫が鳴いて呼んでいるので、まず、茶色子猫に接近して撫でてやりました。
すると、メス猫が出てきては床下に引っ込むといった状態が続きました。
メス猫と私たちの間にはフェンスがあり、このままでも捕まえられません。
私は、茶色ふさふさ子猫をフェンスの中に置いて、私もフェンスを乗り越えました。
そこで、茶色子猫を撫でている最中、メス子猫がだんだん距離を縮めてきました。
慎重に慎重に・・・
さっと、メス子猫を抱き抱えました。
このときの子猫の温もりを私は一生忘れません。
雪の降る冬山で一晩、風が強い海端で一晩過ごし飲まず食わずの2日間でした。
私が、さっさと保護していれば、こんなことにならなかったのです。

e0039975_13360220.jpg
メス子猫を保護するのを手伝ってくれた茶色子猫です。

メス子猫を保護するのに、1時間足らずでした。
そのまま動物病院へ。
血液検査は異常なしでした。
しかし、この子も風邪がひどく、両目のほとんどが瞬膜で塞がっていて、オス猫よりも状態が悪かったです。
点滴と注射と粉薬の抗生剤を。

家へ連れて帰りました。
オス猫のいる部屋へ・・・
兄弟猫の気配を察したのか、オス猫が甲高い声で鳴きました。
e0039975_13461304.jpg
その時の写真です。
オス猫は大喜びでした。
メス猫は、2日以上ぶりにフードを食べました。

[PR]
# by tsubasa-2015 | 2018-02-19 13:48 | コタロウ と マロン | Trackback | Comments(0)

2018 1月5日 オス猫を保護。

子猫2匹を乗せて山を下りました。
オス猫は人懐っこく、運転中の私にじゃれてきます。
用意してたフードをすぐ食べ始めましたが、メス猫は警戒し、じっとして動きません。
この時点で、どうしたものかと考えていました。
うちでは飼えません。しかし・・・

動物愛護センターに電話しました。係の人が丁寧に応対してくれました。
「東温市で拾った場合は、東温市の役所へ連れて行ってください。そこから愛護センターに送られてくる仕組みになっています。」
私も、誰もが知っています。動物愛護センターに送られたら、ほとんどが殺処分になることを。
そして、愛媛犬猫の会にも相談しました。代表である女性の方が応対してくれました。
「役所なんかに連れて行かないでください。冷たい倉庫の中に一週間ほど置かれてから愛護センターに送られます。その前に役所の倉庫で死んでしまいますよ。愛護センターに送られたら、99%は殺処分されると思っていてください。まず、動物病院に連れて行ってください。そして、先住猫から隔離して里親さん探しをしてください。」とのアドバイスでした。もっともです。

それでも、どうしても家に連れて帰ることはできず・・・あとあとを考えたら・・・

私は、猫がいっぱいいる五式浜海浜公園へ、この子たちを放そうと。
その道中、暖かい車の中で、オス猫はじゃれています。

PM 2:20 過ぎ、海浜公園へ、この子たちを放しました。
私は、この子たちを再び捨てたのです。
ここへ移動させれば、さっきの山の中よりも生きていけるかもしれない。そんな身勝手な妄想で。

オス猫はキョロキョロと、不安げに鳴きます。メス猫は物陰でうずくまったままです。

2時間、ここで考え込みました。
ここで立ち去れば余計なものを背負うこともない。今まで通り、ララと静かに暮らしていける。
2匹を保護して病気でも持っていたら・・・

しかし、このまま放置は、私自信の責任。
ここで健康に生きていけるはずがない。2匹とも目が悪く、健康状態もよくない。
車の中でじゃれていたオス猫が、今はおびえている。

これは、私にとって一生の悔いになり苦しみ続けることは間違いなく。

PM 4:30頃、2匹を抱いて車の方へ・・・
駐車場まで距離があり、抱きかかえるのが無理になってきた頃、近くにいたお年寄りに、もう一匹を抱いて連れてきてもらうよう依頼しました。私は、オス猫を車の中へ。
しかし、お年寄りに抱かれてたメス猫が暴れて走り去ってしまいました。
探しても探しても見つけられず、日が暮れる頃、オス猫だけ連れて動物病院へ。

保護猫だということを看護師さんに説明しました。院長は私の中学時代の同級生です。
健康診断、血液検査をしました。血液検査は異常なしで、ほっとしました。
しかし、酷い風邪で、右目の半分が瞬膜で塞がっていました。
注射2本と、抗生剤の粉薬を。
e0039975_13071188.jpg
子猫を連れて帰り、急いで隣の物置部屋を少し整理して、12年前にララの兄を保護するために買った3段ケージを組みました。
こんなところでまた引っぱり出して組むとは思いもしませんでした。
どこかへ行ってしまったメス猫のことが心配でした。

続きます。

[PR]
# by tsubasa-2015 | 2018-02-19 12:35 | コタロウ と マロン | Trackback | Comments(0)

2018 1月4日 上林209号線で捨てられた直後の子猫2匹と出会う。

e0039975_11243614.jpg
6年前の春、五式浜海浜公園で亡くなったキジトラの子を弔ったこの山での帰り道。
PM 3:55 頃、右カーブにさしかかる所で一台の車が停車、その側に 子猫2匹が捨てられた直後でした。
私は通り過ぎる一瞬、その場面を見て猫を捨てたと感じました。
500m程下りた所でUターンしようとしたら、その車が通り過ぎて行きました。
私は、さっきの場所に戻りました。
子猫2匹が路頭に迷い泣き続けていました。私は、しゃがみこんで頭をかかえました。
最悪な場面に直面しました。
e0039975_11422383.jpg
オス猫は、道路カープのとこまで行き、泣き続け、メス猫は、左のやぶの中に隠れました。
やがて、オス猫の姿が見えなくなり、メス猫は、やぶの中に入っていきました。
30分程、ここに留まりました。そして、どうしようもなく帰りました。
帰宅してからずっと考え込みました。
翌日、仕事始めで午前中で終り、昼前に現地に向かいました。
e0039975_11484857.jpg
そのあたり一帯を歩きました。子猫はいません。
前日の夜は雪が降り、この場所は白くなっていました。
まあ、こんな所にいつまでもいるはずがなく、どこかへ行ってしまったんだろうと、内心ほっとしたのは正直な気持ちでした。
e0039975_11572224.jpg
そして、帰ろうと車に乗り込む瞬間、「ニャー。」・・・と、鳴き声が・・・
私は、その場をウロウロしました。すると、また 「ニャー。」と・・・
鳴き声が聞こえたこのヤブの中を見たら、子猫2匹が重なり合いうずくまっていました。
あっ、いた。・・・私は、おいでおいでの手招きをしました。すぐ、オス猫が出てきました。
そのまま即、車の中へ。
メス猫は動きません。なんとか掴んで引っぱり出しました。
2匹を車に乗せて山を下りました。

続きます。



[PR]
# by tsubasa-2015 | 2018-02-19 12:06 | コタロウ と マロン | Trackback | Comments(0)

皿ヶ嶺 上林209号線に子猫2匹を捨てた人へ・・・

e0039975_23323378.jpg
2018 1月4日 PM 3:50 過ぎ。
あなたは、60代くらいの人でしょうか ?
冬になれば雪が積もるこの林道に、子猫2匹を置き去りにして車で立ち去りましたね。
この子たちは、今、置かれた状況に戸惑い恐怖でさまよい泣いてましたよ。
♂猫は、右目が半分 瞬膜で被さり、♀猫は両目のほとんどが瞬膜で塞がってましたよ。
おそらく多頭飼いで、餌だけ与え避妊去勢手術もしない。病気になっても治療もしない。
あげくの果て、具合の悪いこの子たちを冬山に捨てたのですか。
その行為は、この子たちを死なせるつもりで、あえて何もないこの場所に捨てたのですね。
最低です。人間のクズのする行為ですよ。
あれから一ヶ月、酷い風邪で今も治療中です。慢性化している可能性もあります。
ここまでなるにはどれほど酷い環境の中に置かれていたのか、想像すると悲しく腹立たしくなり情けないですよ。
昨日、♂猫の子の去勢手術と目の手術をしました。今は カラーをつけた状態でぐったりしています。
全て、この子たちを捨てた、あなたの責任ですよ。今後も同じことを繰り返すのですか?
もう、酷いことはやめてください。生きものを飼わないでください。

詳細は落ち着いてから投稿します。
e0039975_00211235.jpg
e0039975_00240288.jpg
この子たちが捨てられた場所です。
数日後に雪が積もりました。

e0039975_00261181.jpg
e0039975_00264254.jpg
この子たちは、私が責任をもって育てます。
この子たちが、あなたに会うことは二度とないです。

[PR]
# by tsubasa-2015 | 2018-02-04 00:29 | コタロウ と マロン | Trackback | Comments(4)

もうすぐ 8歳。

8月の終わり頃から 9月初め頃に、生まれたと思います。

もうすぐ、8歳になります。

今日、尿検査と、新しいフードを頂きに行きました。

8歳からの、エイジングケア ステージⅠのサンプルを貰って、それを食べるかどうか試しました。

すると、すぐに食いついてきました。

e0039975_21401945.jpg


それだけでなく、もっと、くれくれ状態。。

今までのフードを食べなくなりました。

今日、動物病院で貰った今までのフードを、エイジングケア ステージⅠに交換してもらうことに。


e0039975_21433940.jpg


でも、まだ今までのフードが二週間分くらい残っています。

今も、新しいフードをくれくれと言ってます。

e0039975_2145752.jpg



e0039975_21462865.jpg


新しいフードへの切り替えは、難しいと思っていたのに、その逆でした。

e0039975_2149625.jpg





フードの入った BOX をひたすら開けようとしています。
ずっと、この状態です。
この後、BOX をひっくり返してしまいました。





.
[PR]
# by tsubasa-2015 | 2013-08-11 21:53 | Trackback | Comments(6)