幻を追い続けて・・・

e0039975_16451438.jpg
e0039975_16453296.jpg
e0039975_16455043.jpg

二ヶ月もの間、皆さんにお返事や更新もせず、誠に申しわけありませんでした。
このまま止めてしまおうと思っていました。
ブログの更新やコメントに対するお返事が大変し辛くなって、私自身、ハチワレ君を失った事や今の猫たちの現状がとても重く精神的にも不安定な毎日になりました。
猫たちに安定した餌を与える場所もなく、その日その日をなんとか過ごしています。
私の仕事の都合上や、この地域の近所の目もあり、三日間何も与えることができない日もありました。これからも厳しいと思います。それでも、猫たちは元気でいます。私の餌以外で生きていくすべを身につけてくれたらというのは私自身の都合のいい身勝手な考え方なのですが、もう、どうしようもないのです。私も地獄に落ちるでしょう。
あの子たちに、じっと見られたとき、私は心の中で、「この顔をよく覚えておきなさい。今日は何も食べさせてあげることができず帰っていく、この人間の姿を。」 と。

皆さんへのお返事が遅れることをお詫び致します。
e0039975_17144973.jpg

たったこれだけの小さな地域ですが、いなくなった子たちの姿を見ることはなかったです。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2007-04-03 17:16 | ハチワレ君 (総務にゃん) | Trackback | Comments(34)
トラックバックURL : https://tsubasa201.exblog.jp/tb/5446982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kishibojinn at 2007-04-03 21:48
お帰りなさい、と言ってよいものでしょうか。
どんなにつらい気持ちで毎日を過ごしていらっしゃったか・・・。
そう思うと、私もとても悲しいです。
まだまだ進行中の状況なだけに・・・
何もできない自分が情けないです。
本当に苦しい状況の中で、猫たちを見守ってくださって、ありがとう。
どうか、あまり自分を責めたりしないでくださいね。
そう言っても、難しいかもしれませんが・・・。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-04 21:29
kishibojinnさん、こんばんは。
きみこさん、また新しい子を保護して病院へ連れて行ってあげたのですね。ほんとうに偉いです。立派ですよ。そのコメント欄に参加できなくてごめんなさい。私みたいな者がコメントを入れる資格がなくて。

私、ハチワレ君のことが恋しくて、どうにもなりません。
家に連れて帰ったハチワレ君は鳴き続けて、現地に返すとき、ケージの中からキャリーバックに移したハチワレ君は、もっと鳴きました。それをいつも思い出すのです。「連れて行かないで。ケージから出たいだけなのに。」 と、言ってたようでならないのです。涙が溢れてくるのです。いつも。もう悲しくて悲しくてかわいそうで。
もし、事故や病気で死んでたらと、そればかりをいつも考えているのです。頭の中がパニックになってしまいます。今更こんな事を言ってすみません。でもすごく辛いんです。
Commented at 2007-04-04 22:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 浅葱代理人@いづみ at 2007-04-04 22:59 x
はじめまして。
浅葱はまだ入院中なのですが、毎日tsubasaさんのことを聞かれていました。ブログ再開、明日かならず伝えておきます。

私もほとんど読ませていただきました。
切なくて切なくて、何度も泣きました。
浅葱は、がんばりすぎて倒れてしまいましたが、tsubasaさん、どうかお体を大切になさってください。
浅葱もとても心配しておりました。
(彼女も保護しようとしていた仔猫を亡くし、まだ完全には立ち直れていません。そして、やはり自分をずっと責め続けています)

また来ます。
くれぐれもご自愛くださいますように…。



Commented by きみこ at 2007-04-04 23:54 x
私はぜんぜん、偉くなんかないですよ。
たまたま、それができる環境があっただけの話です。
もし、6畳一間のアパート暮らしだったら、どんなにかわいそうだと思っても、絶対これだけの数は保護できません。
また、状況が変化すれば、この子たちはどうなるだろうと、ものすごく心配です。
過去、どれだけ多くの子を見捨てたことでしょうか。
今も、どれだけ多くの子を見捨てているでしょうか。
私も、見捨てた子、保護できないまま、どこかへ消えてしまった子のことを忘れることはできません。
だから、tsubasaさんの気持ち、痛いほどよくわかります。
同じなんです。私とtsubasaさんは。
現に、私は、tsubasaさんに協力できないでいるわけですし。
そう言っても、tsubasaさんの厳しい状況が変化するわけではなく、何のなぐさめになるわけでもないですけど・・・。
こうやって、写真を撮ってくださって状況を知らせてくださっているだけでも、大変な努力だと思います。ありがとうございます。
Commented by 浅葱代理人@いづみ at 2007-04-05 06:08 x
おはようございます。お元気ですか。

浅葱のブログ桜未咲と猫の集会場のほうのページでリンクさせていただきました。事後承諾になってしまって申し訳ありません。
差し障りございましたら、お手数ですがご一報くださいませ。
tsubasaさん、がんばってくださいね。
今日、病院へ行ったら、再開されたこと浅葱に伝えておきます。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-05 22:36
鍵コメさん、こんばんは。
BBSの方にお返事致しましたのでよろしくです。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-05 22:56
浅葱代理人@いづみ さん、こんばんは。
浅葱さんは、まだ退院できないのですね。
私のことなどを気にかけてくれてほんとうに有難うございます。

いつか、うちの子にと温めていた気持ちが砕けた時、なかなか立直れないです。私は、ハチワレ君の名前も考えていました。裁判所の競売物件に猫たちの家が載ったのを確認した時、どんなことがあっても年内に保護しなければと決意していました。でも私を避けるように遠ざかってしまいました。10月27日、前足にケガを負ったハチワレ君を連れて帰ろうと、抱っこして車に乗せようとしたとき、暴れて私の手を引っかいて逃げました。軽い引っかき傷だったのですが、その傷は今も消えていません。
一度は家に連れて帰ったのに、あの時、もっとと、何度も何度も思い出しては悔やんでいます。おとなしくて優しい子だったのに。私は追い出し捨ててしまったのです。取り返しがつかないことをしてしまった後悔がとても重いです。私の中からハチワレ君のことは全く薄れることはないです。
このブログも元気に再開する自身は今のところないのですが、気持ちが落着きましたら明るく再開して皆さんの所にもお邪魔させていただきますね。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-05 23:17
きみこさん、こんばんは。
サビーネちゃん、白血病に疑陽性が出たのですね。
ほんと、野に生きて、生き抜いて、ボロボロになって、その凄まじい姿に言葉が出ないです。私が、その子の立場だったらと、とても生きてはいけないです。足を失って生きている子、光を失って生きている子。何度かその写真を見ましたが目をそむけたくなる思いです。私も弱い人間です。その現実から逃げよう、見なかったことにしようと、腰が引けてしまうのです。
いろいろなボランティア活動をしている方々、やはり女性が多いですね。こうした直面に対して強いのだと思います。きみこさんをはじめ、皆さんもほんとうに即、行動力があるといつも感心しています。恥ずかしながら私はここまでの人物だと思います。

サビーネちゃん、はやく良くなることを祈っています。
Commented by kishibojinn at 2007-04-05 23:37
tsubasaさん、
本当に、せつなく、つらいことでしょうね。
それでも・・・できるなら、どんなにつらくても、最後まで現地の猫さんたちを見守ってほしいです。
現地の猫さんたちの生き様を知り、伝えることができるのは、tsubasaさんだけなのですから。
どんなにはかない命でも・・・必死で生きていることの記録は、大切だと思います。
Commented at 2007-04-06 02:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 浅葱 at 2007-04-06 19:52 x
tsubasaさん、ハチワレくんのこと読みました。(今わたしは外泊許可をいただいて家に戻っています)
私も公園の子を亡くしました。
虐待され殺されたのです。
tsubasaさんと同じように保護する予定の子でした。
どうしてもっと早く保護してあげられなかったのか、後悔ばかりの毎日です。
その後もいろんなことがあって…入院してしまいました。
いまも殺されたあの子のことは忘れられません。
無惨な姿が目に焼き付いています。
哀しみは怒りにかわり、
そしていまは虚しさのなか、生きていることさえつらいです。
でも、tsubasaさんの苦しさに比べたら…。
がんばってください…なんて簡単には云えないことわかっているつもりです。
でも、それでもあえて云わせてください。
tsubasaさん、がんばってください。
がんはりましょう。私もがんばります。
がんばりたいです…。

私の殺されてしまった子は、男の子でした。
名前、HARUってつけてあげました。
Commented by みいママ at 2007-04-07 12:13 x
tsubasaさん、近況を知らせてくれてありがとうございます。
本当に辛い毎日なのに。
私はみなさんのように家なき子になにもしてあげれてないですし、
たった一匹の元家なき子を大事にかわいがってるだけなので、
何も言うことはできないのですが。
tsubasaさんの身体とこころが心配です。
人によって出来る事と出来ない事があるとおもいます。
そして、したい事、してあげたい事と出来る事も一致しないですよね。
生意気言ってすみません。。。
これからも、
自分に出来ることがみつかれば、あれば、私も手を差し伸べていきたいと
思ってます。


本当にむずかしいです。


Commented by ごろ at 2007-04-09 20:08 x
きっと毎日苦しい思いをされているのだろうと思っておりました。
どうかご自分をあまり責めないでください。
tsubasaさんがご病気にでもなってしまったら、
tsubasaさんを心から頼りにしているララちゃんが悲しみますから・・・
私もゴロのお母さんを保護できなかったことが
今でも心の奥底で古傷のように痛みます。
もう後悔するのがイヤで、トラちゃんを必死に捕獲しましたが
それでも、ゴロのお母さんに対する罪悪感が消えることはありません。
この先また、可哀想なネコに出会ったらどうしようと不安です。
うちでは、これ以上保護するのは無理ですから・・・
それぞれの方には、それぞれの事情がありますから
どんなに助けたくても、助けられないことも多いと思います。
tsubasaさんは、精一杯がんばってこられたと思います。
辛い事態におひとりで立ち向かってこられて、頭が下がります。
何もお手伝いできなくてすみません。





Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-10 17:38
kishibojinnさん、こんにちは。
辛いですね。できることなら猫たちの家に住みたいです。
その時こそ全てが解決すると思います。
今は、この地域での仕事は少ないです。また、ここの雇用主の健康状態も良くないのです。仕事がなくなれば私は猫たちの地域に行く理由がなくなります。その大きな問題も近々待ち構えています。
不審者に見られる覚悟で深夜の行動をしなければならないかもしれません。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-10 17:54
鍵コメさん、こんにちは。
「出来ないんだから仕方がない」 と、思っているかもしれません。
ここの子たちが飢え死にしたら、それは私が殺したことになるのです。
それがいつも重く私に圧し掛かっています。
三日間、何も食べさせてあげることができなかった時、猫たちはかすれた声で泣きフラフラでした。必死で、その時の餌場を探し、近所の、水が流れてない溝にキャットフードをばらまきました。
近所の人々の猫たちに対する目は非情に厳しいです。危害を加える人、通報する人、そんな人ばかりです。
私のことは軽べつしてください。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-14 20:51
浅葱さん、こんにちは。
お返事が大変遅れてすみません。
お体の具合はどうですか?
浅葱さんにもそのような子がいたのですね。虐待され殺された姿を見たのですね。なんとショックな事でしょう。私も、そんな現場に直面したら気が狂ってしまうと思います。犯人がわかれば、ただではおかないでしょう。
酷いことをする人間はどこにでもいます。残念ながら私が通ってる地域にもいます。今まで、いなくなった子たち、私は、人の危害によるものか交通事故で亡くなってしまったと思っています。数々の別れは何度積み重ねても慣れるものではなく悲しみは深まるばかりで自分自身の生活にも影響を与えてしまいます。
どうか、お体をお大事に。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-14 21:11
みいママ さん、こんばんは。お返事が大変遅れてすみません。
ここの近況をお知らせするのが大変し難くなってきました。
今日は現地の子たちに、二日分のキャットフードを置いて帰ることができました。この地域の職場のゴミ置き場の片隅にです。その時の餌場をどこにするかが大変な日々です。正直に言うのですが、一日何もあげられない日、二日間何もあげられない日もあります。でも、あの子たちは私の顔を覚えています。ご飯をくれる人、と。
だから私のことをいつも待っているに違いないのです。そんな中で平然と夕飯を食べている自分に、はっと気付くのです。私も猫たちのことを苦しめた一人物だと思います。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-04-14 21:25
ごろ さん、こんばんは。
お返事が大変遅れてすみません。
私みたいな人間なんか、出来そこなえですよ。
ごろさんやみなさんたちの方がはるかに立派な行動をされています。
私は何もせず見ているだけの愚かな人間です。こんなブログをする資格もないのです。もうやめよう、もうよめようといつも思っています。
愛猫家さんたちにはとても悲しく不愉快な気分にさせてしまい私自身、心苦しく思っています。
いつまで、ここの子たちのことを報告すればいいのか、もうやめるべきなのか、しばらく考えたいと思います。
Commented by kishibojinn at 2007-04-15 23:46
tsubasaさん
tsubasaさんが精一杯のことをされていることを、このブログを読んでいる人は、だれでも知っていると思います。
悲しい気持ちになることがないとはいえませんが、このブログからは、tsubasaさんが、誰よりも、縁あった子たちの命を大切に思っていることが伝わってきます。そして、どんなに無力な行為であろうが、必死でされていることは「尊い」です。
ありがとう、tsubasaさん。
ただ、ご自分の体を壊したりされませんように。
ララちゃんもいることですから・・・。
Commented at 2007-04-17 23:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mintcandy2005 at 2007-04-30 02:15
tsubasaさん、こんばんは。
珍しくPCが出来たので来てみました。
最近はPCもなかなか出来ませんでした。
tsubasaさんの事が気がかりでしたが、自分のところをたまに更新するのがやっとでした。
tsubasaさんのやりきれない気持ちが痛いほど伝わります。
寝ても冷めても、猫たちの事が気がかりなのも解かります。
本当に辛いですね。
目を瞑って、耳を塞ぐことが出来たらどんなに楽でしょう。

ララちゃん1年ですか・・・もうそんなに経つんですね。
ララちゃんの元気な姿が救いです。
tsubasaさん、お体大事にしてくださいね。
こんなことしか書けない自分が、もどかしいです。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-05-05 15:08
kishibojinnさん、こんにちは。
「縁あった子たち。」・・・ そうですよね。
これも大きな縁だったのでしょう。だから、ララを預かることにもなったし、縁とは不思議なものですね。
でも私はいつも思うのです、神様なんているのだろうかと。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-05-05 15:14
鍵コメさん、こんにちは。
私だけではなく、みなさん多くの方々が同じ経験をしておられますよね。
中には自分の全てを注ぎ込まれている方もおられます。私などは足元にも及びません。中途半端で申し訳ない気持ちです。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-05-05 15:20
mintcandy2005さん、こんにちは。
ジジちゃんも大きくなりましたね。
すっかり立派な黒猫さんです。
ララも家に来てもうすぐ一年四ヶ月になります。
ほんとうにいろいろと慰められました。
こんな小さな命が大きな支えになるのですね。めぐり合えてほんとうに良かったです。
Commented at 2007-05-10 04:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-05-10 04:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-05-17 22:37
鍵コメのきょうこさん、こんばんは。
お返事遅くなってすみません。
アドバイスほんとうに有難うございます。
よく考えたいと思います。
言葉が足りず、申しわけありません。
Commented by at 2007-05-18 23:21 x
tsubasaさんこんばんは。
初めましてです。
去年の十月の頭に死にそうな子猫を保護してからここを見せてもらっていました。
ちなみに子猫はおてんばに育って家族の一員です、猫のいる生活って良いですね。
それにしても・・・いなくなった猫達のことを考えるととても辛いです・・しかし危害を加える人だけで無く、もしかしたら誰か保護してどこか別の地域に移動してたら良いなぁなんて考えたりしちゃってます。
そんな可能性少しでもあったら良いですよね。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-05-20 20:39
翼さん、こんばんは。
初めまして。
子猫を保護されたのですね。ありがとうございます。
おてんばに育ってくれて、翼さんも癒される生活を送られていると思います。貴重な出会いでしたね。ほんとうに良かったです。

いなくなった子たち。私も翼さんの言われるように、もしかしたら誰かに保護されて家猫さんになっているのではと、かすかな希望を抱いています。
だから私はこの地域に行くと、近所を散歩しながら猫たちを探します。もしかしたらどこかの家の窓ぎわから、いなくなった子が外を見ているんじゃないかと、散歩しながらそれとなく家の方も見ながら探しています。
みんな生きていてくれたらと、そればかりを祈っています。
Commented by at 2007-05-21 23:51 x
tsubasaさんこんばんは。
いなくなった子達が幸せになっていると良いですね。

自分、助けることができなかった子が何匹もいます。それに車に轢かれてしまったりしている猫、そんな子達には、生まれ変わったら今度は必ず幸せになってくださいと祈っています。
もし神様がいるなら願いを聞いてくれるかなぁなんて思って。
まぁ・・・そんなこと言ってますけどたまに落ち込んだりしちゃいます、保護したおてんばの他にも子猫がいたんですけどその子はいつのまにかいなくなっちゃいました。
もしまた同じ事があったら今度は必ず助けると今は思って暮らしています。
何が言いたいか良く分からなくなちゃいましたけど、後ろを向いて後悔するより前を向いて希望を持ちましょう。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-05-23 18:47
翼さん、こんにちは。
ありがとうございます。
野良猫に関わっている人たちは共通の悲しみを持っていますね。
神様はいるのでしょうか?
お天道様は全てお見通しと昔から言いますが、弱い子たちのことを守ってもらいたいです。
Commented at 2007-06-16 04:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2007-06-19 18:37
鍵コメさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
見ず知らずの子たちのことを心配してくださって、ほんとうにありがとうございます。
できる限りのことはしていきますので。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< キジトラお兄さん猫。 餌を貰ってた場所。 >>