猫またぎ。

e0039975_2145751.jpg

2005 9月2日・・・・・地図猫の猫またぎ。
e0039975_21462124.jpg


2005 9月12日・・・・・ルルちゃんの猫またぎ。
e0039975_21471333.jpg

2006 4月3日・・・・・茶色子猫の猫またぎ。

土曜日の朝から現地に行ってきます。
この地域の私の雇用主が再入院していないので、工場に行って現地猫さんたちの様子を見てきます。お盆休みの日も毎日行ってたのですが、一匹もいませんでした。
今は、かなり心配です。保護もできないのにと、お叱りを受けても仕方ないのですが、無事を確認したいです。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2006-08-17 21:53 | ハチワレ君 (総務にゃん) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://tsubasa201.exblog.jp/tb/4004856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mintcandy2005 at 2006-08-18 11:06
心配ですね。
>お叱りを受けても・・・
だれがtsubasaさんを叱るのですか?
どんなことにも限界が有ります。
tsubasaさんは限界ギリギリまで頑張ったじゃないですか。
猫たちの行く末はとても気になるけど、不可能な事も有りますよ。
ほんと、お疲れ様です。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-08-18 23:50
mintcandy2005さん、こんばんは。
他の場所で仕事の時など、現地の子たちのことばかり考えています。
以前、私が現地に着いたら、隣庭からいっせいに、あの子たちが出迎えてくれてました。それが今は、一匹もいないのです。私の勝手な思い上がりですが、ほんとうに淋しいですね。
家猫になれば、健康で十年以上生きられるのに。
Commented by kishibojinn at 2006-08-18 23:55
tsubasaさん、保護できないのは、もう、仕方ないです。
誰だって、不幸な猫のすべてが救えるわけじゃないですし。
公園などでごはんやりをしている人のすべてが、保護して、去勢や避妊を実施しているわけではないですし。
無事を祈りたい、そう思う気持ちは、純粋です。
無事であってほしいですね・・・本当に。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-08-19 00:35
kishibojinnさん、こんばんは。
ララの家族たち。ララだけになってしまったら、なんとも言えないくらい気落ちしてしまいます。
一年前と今では大きく変わってしまいました。
あんなに幸せそうに大勢の仲間たちが一緒に暮していたのが、今ではバラバラになってしまいました。
正直、亡くなられた奥さんの事を憎む気持ちのほうが多いです。生きておられたら、ますます猫の数は増えて不幸事が絶えなかったでしょう。
過去に、役所が猫を捕まえに来た事もあったのですが、亡くなられた奥さん自らが、増えた猫たちを愛護センターに連れて行ってたという話も聞きました。ほんとうに腹が立ちます。突然いなくなった母黒猫の子猫たちも、奥さんが愛護センターに連れて行ったのでしょう。
不謹慎ですが、猫たちの為には、奥さんがいなくなって正解だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< のびララ。 太りぎみ。 >>