家族共に暮していた頃。

e0039975_2282624.jpg

この頃のララは、スリスリ母猫の真似をして、お兄ちゃんのハチワレ君の頭をペロペロ。
二日前の光景がウソの様です。
時が経てば、親子兄弟、関係なくなるのですね。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2006-04-30 22:13 | ハチワレ君 (総務にゃん) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://tsubasa201.exblog.jp/tb/3336106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 太陽 at 2006-04-30 23:09 x
こんばんは。

我が家も兄弟猫を一ヶ月ずれて保護しました。
外に居た時は仲良し兄弟だったのに、保護した時期が少しずれただけなのに物凄く険悪になりました。
先に保護した子が怒っていました。
仕方ないので落着くまでゲージに仕切りをして接触しないように工夫しました。
何週間が過ぎ部屋に放したとたん大喧嘩。止めることも出来ずに成り行きを見ることしか出来ませんでした。
しかし上下関係が決まるとその後は落着きました。
時々喧嘩はしますが怪我をしない程度なので黙認しています。
保護直後の鳴き声は凄かったです。ゲージ内で2ヶ月は泣き通し。餌も水もトイレも毎日ひっくり返して大暴れ。
鼻血を出しながらゲージを壊そうとしている姿を見て、ゲージ内保護を止めて部屋に放しました。
色々ありましたが今では良い思い出です。

今からでも遅くありません。ハチワレ君を保護してあげてください。
保護後ゲージにシーツをかぶせてララちゃんから見えなくしてあげて下さい。
暗い方がハチワレ君も落着くと思います。

頑張れ!君なら出来る!ファイトー
Commented at 2006-04-30 23:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maronn-05 at 2006-04-30 23:51
猫はテリトリーを気にするようですね。
だから、ララちゃんはテリトリーだと主張し、自分のテリトリーだと思えないハチワレ君は戸惑って泣いていたのだと思われます。
ご家族の方の件があるので、致し方なかったでしょう(辛いですね)が
もし、もう一度保護された時は2匹の関係を気長に待つのが一番だと思います。
うちなんて、未だに相性があまりよくなくて、トラにはストレスを与えているんだと思いますが
2匹とも私のベッドで寝ていますから・・・

↑の写真、家族仲のいい写真がほろりときますね。
tsubasaさんの撮られる写真って素直な視線を感じて好きです。
あまりご自分を責めずに、考えていきましょう~!
力になれなくて、ごめんなさいね。
Commented by at 2006-04-30 23:58 x
ハチワレ君、せめて手術してから放してあげてください。お願いします。
このままでは不幸な子がどんどん増えるだけなんです。お願いします!
Commented at 2006-05-01 04:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ごろ at 2006-05-01 09:36 x
これはいい写真ですね。撮っておかれて良かったですね。
ゴロもこんなふうでした。みんな白黒ハチワレで。
1回しか、兄弟揃ったところは見られなかったのが残念です。
病気で、私が知らないうちに、少しずつ亡くなっていたとのことを
後で知りました。ゴロが助かったのが奇跡でした。
いろいろ考えると、切なくなりますね。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-05-01 23:06
太陽さん、こんばんは。
長分の励ましのお言葉、有難うございます。
太陽さん宅にもそのようなことがあったのですね。
ハチワレ君を今すぐにでも連れて帰りたい気持ちに変わりありません。
でも、また前回のようなことになると家族の手前、なかなか踏み切れないです。
部屋を自由に遊んでいるララ。現地の隣庭近辺で仲間たちと伸び伸び暮しているハチワレ君。決して安全ではないです。寿命も短いでしょう。
もう少し考えさせてください。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-05-01 23:17
鍵コメさん、こんばんは。
去年までは、絶対に猫は飼えない環境だと思って、多くの子たちが去ってゆくのを何もできないまま見てきました。非情ですよね。
ララのケガをきっかけにその壁を破ったのですが、新たに次の壁を破ることができません。鍵コメさんのようにたくさんの子たちを救われているのを見て、私もと思うのですが、なかなかなのです。
案ずるより産むが易し・。良いことわざですよね。
私の場合、いろいろ無理があってなかなか前へ進んで行けませんが、なんとかしたいとは思っていますので見守っていてください。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-05-01 23:26
maronn-05さん、こんばんは。
なかなか maronn-05さんのブログにコメント書けなくてすみません。
maronn-05さんの猫さんたちもそうだったのですか。
先住猫がいるところへ新入りさんはなかなか難しいのですね。あらためて実感しました。
この写真を撮っている最中、ルルちゃんが私の手にスリスリの連続で邪魔ばかりしてたのを思い出します。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-05-01 23:41
杏さん、こんばんは。
杏さんにはメールの方でもご丁寧なアドバイスをして頂き感謝しています。
ハチワレ君を手術して現地に返しても、この地域ではあまり意味を持ちません。今の時点でメス猫三匹、オス猫三匹、妊娠可能なメス猫は二匹です。去年は生みませんでした。今年はまだ分かりません。
触る事の出来る子は、ハチワレ君だけです。その子だけを手術して返しても、この地域にいる以上、なんの解決もありません。
私も、杏さんの言われていることは痛い程よく分かっているつもりです。
でも、私一人の力なんて、しれたもので、物事、理想的にうまくいかないのが現状です。
見ていてイライラされてると思いますが、どうかお許しください。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-05-01 23:48
myamo32さん、こんばんは。
myamo32さんもチップちゃんが来た時、ライチちゃんとの兼ね合いで苦労されましたよね。
私も、今度、ハチワレ君を保護した時が来れば匂いの件、試してみますね。でも、犬と違って、猫はいろいろと難しいですね。プライドの高い動物だということがよくわかります。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-05-01 23:53
ごろさん、こんばんは。
ゴロちゃんの家族もみんなハチワレさんだったのですよね。
ゴロちゃんだけでも救われて、幸せに暮している。ほんとうに良かったと思います。ララは6匹兄弟でしたが、ララだけがこの世に残されました。
いろいろと、ゴロちゃんに似ていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夕暮れ、現地に行きました。 この様に邪魔をします。 >>