更新遅れてすみません。

e0039975_21102792.jpg

年度末で忙しく、パソコンに向かう時間がなかったです。
帰宅して、ララと遊んだら寝る時間です。ララも遊び足りないでしょう。やっぱり早く、ルルちゃんを迎えていれば、と何度も思います。「なんで、ララだけ? もお、遅いよ。」と、ルルちゃんが言ってるように思えてなりません。
ララが生まれる前から、私のことをしたっていつも遊びに来ていたのに。ルルちゃんにとってみたら唯一、私が幸せにしてあげられることのできる人間だったはず。それがこんなことになってしまって、ルルちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
この地域を何度も何度も時間をみつけて歩きました。ルルちゃんやスリスリ母猫、クリーム色母猫の姿はないです。
こんなに甘えん坊で、まだ幼いルルちゃんが、別の餌場を求めて急にいなくなることは絶対にないと思います。車の事故にあったのか、人から危害を受けたのだと思います。ほんとうに無念です。かわいそうです。もお、三週間が過ぎました。私のところに遊びに来る子はいません。
2月13日に撮った、この写真が、ルルちゃんの最後の写真になりました。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2006-03-16 21:32 | ルルちゃん | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://tsubasa201.exblog.jp/tb/3003893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2006-03-17 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かずあき at 2006-03-17 01:48 x
初めまして。
ずっとROMってたのですが、初めて書き込みます。

私にも同様の経験がありますので、自分を責める気持ちは分かりますが、
何も出来なかった私と違ってtsubasaさんはララちゃんを救ったんですから。
嫌な言い方ですが、もし保護されていなかったら、もっと早く虹の橋へ
行ってしまったんじゃないでしょうか……
それを思うと、尊敬せずにはいられないし、憧れます。
私にも、あの時勇気があれば……と。

赤の他人に「元気を出して」と言われたところで「はあ?」ってなもんかも
知れませんが、ララちゃんの為にもあまり自分を責めないで下さい。
猫は、案外、人の気持ちを読むから、ララちゃんまで不安になりますよ。

ララちゃんの手術が無事に終わる事と、
ルルちゃんが誰かに保護されている事と、
tsubasaさんが早く元気になられる事を祈ります。
Commented by としとし at 2006-03-17 06:15 x
もしも、ルルちゃんが虹の橋にいるのなら
今はとても幸せに過ごしているとおもいます。そして
tsubasasaさんに会える日を楽しみにしているとおもいます。
それまで、少しのお別れです。
そして今は、ララさんを大切にしてあげてください。
tsubasasaさんとララさんは『縁が』あったのですから。
もう、ご自分を責めないで下さい。

Commented by nukojyaneino at 2006-03-17 15:27
tsubasaさん だめですよ。病気になっちゃいますよ。
そしたらララさんのお世話できなくなるですよ。
ララさんも心配しますよ。ここ読んでるみんなが心配してますよ。
元気だしてください。
ルルさんは怒ったり恨んだりなんか決してしていない。
むしろ「ありがとう」って思ってる絶対絶対そう。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-17 21:47
ごろ さん、いつもあたたかいお言葉ありがとうございます。
今、幸せに暮しているゴロちゃん。かつていたお母さんや兄弟猫さんたちのことを気づかう、ごろさん。私たちは、全ての子が幸せになれたらと願っています。その気持ちは、私も、ごろさんも一緒です。それがなかなか叶わない現実のやりきれない思い。私も、人に対してはそれらしき正論をなんとでも言えるのですが、いざ自分事になるとなんにもできません。
ある意味、人間は野に生きている子たちよりも弱いのかもしれませんね。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-17 22:05
かずあきさん、はじめまして。こんばんは。
お心遣い、ありがとうございます。
私も、ララが足を折ってなかったら正直、保護してなかったと思います。
次々と星になって逝く子たち。そんな中で、ケガを負った子猫を見たとき、
私だけじゃなく、ほとんどの人が保護してたと思います。私は、後々の事を考えず保護しました。そうするように自然に行動させられた感じでした。
あの時、放置していたら、たぶん、痛さと寒さ、飢えで死んでいたと思います。今、無邪気に遊んでいるララを見て、もし放置していた時の事を考えると怖いです。一生の悔いになっていたでしょう。それを、今、現地にいる子たちにもあてはまることなのです。いろいろな事が覆いかぶさってきて、気持ちが萎縮してしまうことが多いです。前向きにと心がけているのですが、人、一人の力なんてたいしたことないですよね。
初めての方に、「元気を出して」。と、言われたら嬉しいです。励みになります。会ったことのない遠くにいる方々からの応援は、とても嬉しいかぎりです。今後ともよろしくお願いします。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-17 22:13
としとしさん、こんばんは。
虹の橋。 それを思いたくないのですが、つらいです。
永く一緒に遊んだ子がいなくなったら、その分だけ、悲しみが待っています。時が解決してくれると言いますが、長引きそうです。
ルルちゃんに今度会ったら、誰にも気兼ねすることなく、たくさん遊んであげたいです。
Commented at 2006-03-17 22:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-17 22:23
nukojyaneinoさん、こんばんは。
ありがとうこざいます。
PCの画面のルルちゃんの写真を見て考え込んでいると、ララが私の顔の前にやって来て、ペロッとなめます。
心配かけてはいけませんよね。私がいないと一人ぼっちのララだから、
ルルちゃんも、弟のことをよろしくね。と言っているでしょうか?
ララのことは絶対幸せにしますね。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-17 22:43
myamo32さん、そこまで思っていただき、ほんとうにありがとうございました。ルルちゃんも喜んでいるはずです。
私も、次はルルちゃんをと、考えていました。獣医さんにも、また他の子で、お世話になると思いますと、お願いもしていました。
家族のこともあり、今すぐ、にはできなかったので、それが手遅れになってしまいました。あまりにも突然で、今も、信じられないくらいです。
ルルちゃんの毛並みの感触。小さなかすれた声。嬉しそうに、はずんでやってくる姿。手に取るようによみがえります。私は、ここにいるよ。と歩きながら探します。あてもなく、違う道を通って帰ったり、海浜公園にいる猫さんたちの群れを調べたり、どうか生きていることだけを願っています。
myamo32さんのお気持ち、忘れません。
ライチちゃんとチップちゃん、幸せな姿が見れて、私も嬉しいです。

Commented at 2006-03-18 18:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-03-18 21:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-18 22:11
としとしさん、こんばんは。
ありがとうございます。
いつか、きっと会える。私も、そう信じたいです。
今度、会うことができたなら、絶対に離しはしません。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-18 22:18
としあきなさん、初めまして。
>過ぎてしまったことはどうあがいてもどう悔いても取り戻すことは出来ない。 私も、それを分かっていながら何度も同じ別れを繰り返してきました。
後悔があるのなら前向きに生きていかなければならないですよね。
子供の様に泣いても泣いても、ルルちゃんは帰ってこないです。
自分のできることを精一杯、やっていきたいと思います。
同じ経験者の、としあきなさんのアドバイス、有難く心に刻んでおきます。
Commented at 2006-03-19 10:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2006-03-19 22:33
きみこさん、こんばんは。
お遍路行ってきたのですね。
善通寺は私も行ったことがあります。こちらからだと高速道路で、一時間ちょっとで着きます。こんぴらさんにも行かれましたか?

心無い人は残念なことに多いです。人に優しいけれど、動物には冷たい人とかもいます。平気で痛めつけたり命を奪ったりします。
もっと小さな命にもめをやってほしいものです。そうしたら、そこからいろいろなものが見えてくるのにと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 子猫時代のルルちゃん。 スリスリ母猫を囲んで。 >>