<   2005年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

薄グレー子猫。

e0039975_23503257.jpg

この、薄グレー子猫は、一番懐いている子猫です。子猫といっても、大きくなりました。
私の邪魔ばかりして、ゴロゴロと喜んでいます。里親さんがいれば、この子を、一番先に出したいです。ここにいて、不幸な事に巻き込まれはしないか、いつも心配しています。

今日、家族に保護している子猫の事を少し話しました。
返ってきた言葉は、「早く、病院から出して捨ててこい。いくらかかると思っているんだ。」
それからが、大喧嘩です。私は、意地でも、一歩も譲りません。
猫を保護したら、こういう事になるのは分かっていましたし、覚悟も決めていました。
年明けの来週には、子猫が退院します。それまでにいろいろな準備もしなければなりません。
こうなったら、何がなんでも、私は、子猫を飼うつもりです。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-30 00:03 | ルルちゃん | Comments(8)

近所のボス猫 現る。

e0039975_2340184.jpg

今日、隣庭の猫たちが、駐車場付近で、くつろいでいると、背後から、かなりの巨漢白猫が現れました。ここの猫さんたちの二倍くらいの大きさです。私も、初めて見ました。
その白猫が現れると、ここの猫さんたちは、いっせいに、私の元へ逃げてきました。
巨漢白猫は、寝そべっていた、パンダ猫を追い払い、そこを占領していました。
あいにく、今日は、ここのボス猫さんと、気性の荒い、母黒猫は不在でした。
ここの縄張りに入ってきて、餌を占領されなければいいのですが。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-29 23:47 | | Comments(0)

車の下。

e0039975_2058825.jpg

この写真は、12月12日のものです。左は、♂のハチワレ君。奥の左は、お兄ちゃん猫のキジトラ。右は、お姉ちゃん猫のフッサーラタン。保護した子猫の時期違いの兄弟たちです。

今日は、仕事も一段落して、夕方に動物病院へ行きました。
先生は、「ほんとに、びっくりするくらい、よく食べる子猫ですね。下痢をするんじゃないかと思っていたら、きれいなうんこだし、900グラムだった体重も、今では、1300グラムほどになりました。退院する頃は、この子猫だったのかなと、思うくらい、ふっくらしていることでしょう。」 と、笑いながら言ってくれました。
手術した翌日は、まだ片足を上げたままでしたが、昨日、今日は、足をかばいながらも、四本足で立っていたそうです。
術後のレントゲン写真を見ながら説明を受けました。折れた関節部分を固定している、ステンレスの棒が二本入っています。この金具は、残しておいても無害なのですが、これから成長していくうえで、金具を残したままにしておくと、もお片方の足とのバランスがとれなくなるので、退院後、一ヶ月か一ヶ月半たったら再び手術で金具を取ることになりました。
退院しても、再手術という事になるので、やはり、私のところで、なんとかして飼わなければならないと考えています。まだ、猫嫌いで猫アレルギーの家族には何も話していませんが、反対されても、私の部屋に隔離するつもりです。
今日、ペットショップとホームセンターに行ってまいりました。
アイリスの三段ケージを購入しようかと思っています。家猫さんの生活は、まだ、よくわからないのでこれからいろいろ調べてみようと思っています。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-27 21:26 | ハチワレ君 (総務にゃん) | Comments(12)

母猫と一緒だった頃。

e0039975_23454819.jpg

君が、私と、君の生まれた場所を去る時、君のお母さんは、遠くまで追いかけてきました。

君が、いなくなることを、君のお母さんは、感じ取っていたのでしょうか ?

でも、君が、再び、ここへ帰ることはないのです。

かわいそうだけど、それが、君の為だから。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-25 23:50 | ララ | Comments(6)

手術成功しました。

e0039975_22462545.jpg

みなさん、こんばんは。
ご報告遅くなって申し訳ありません。

今朝一番に動物病院に電話しました。先生は、「ほぼ、完璧な手術ができました。子猫の食欲も旺盛です。」 と、先生の声もはずんでいました。
良かったです。とても良かったです。これも、皆様の応援と、子猫の、星になった兄弟たちが守ってくれたのでしょう。まずは一段落しました。

写真は、10月18日の時です。左から三番目が今回の子猫です。母猫や時期違いの兄弟猫たちとの別れは、かわいそうなのですが、この、子猫の為にも仕方ないです。

私は、今、この子猫が年明けに退院した時、まだ里親さんが見つかっていない場合のことを考えています。どうにか、私の元で飼えないものか思案中です。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-24 23:00 | ララ | Comments(10)

子猫を保護しました。

e0039975_17151134.jpg

今朝、私が現地に着くと、猫たちが、いつものように出てくるのですが、この子猫が左後足を上げたままで歩いている姿を見ました。私は、どうしたんだろうと、子猫を抱きかかえると、足は、ぶらんぶらんで、私が見ても骨が折れている様子が分かりました。
もお、これ以上は放置できません。午前中、仕事をしながらいろいろ考え、昼休みに子猫を連れ去りました。仕事先の主人には適当に電話で話し、職場をあとにしました。私が子猫を連れて帰る時、スリスリ母猫が縄張り外まで車の後ろを追いかけてきました。やっぱり分かっているのでしょう。
いったん帰宅して動物病院へ向かいました。車内は暖かいので、子猫は動き回ることなく、じっとしていました。病院に着き、事情を話し見てもらいました。先生は最初の触診で 「折れていますねー。」と、言い。手術・入院代は約10万ほどかかりますよ。と、私の顔を見て、この子猫をどうするか伺ってきました。私は、お願いします。と委ねました。
レントゲンを撮る前に、子猫が動かないようにする為に鎮静剤をうちました。しばらくして子猫の目は、うつろうつろになり、ぐったりしてきました。レントゲンを撮り、それを見ながら先生の説明を聞きました。膝の関節部分が折れていました。正常な足の骨と比べてみてもはっきり違っていました。このままほっておいたら、関節が関節じゃなくなって固まり、一生歩けないそうです。手術をしたら少しの後遺症が残るくらいで、歩くのに痛がることもないそうです。ただ、生後四ヶ月近くで、900グラムの体重は小さいらしく、麻酔の時の負担や骨のまわりの痩せた筋肉などの問題をあげました。この子は以前いた子猫の中でも大きかったのですが実際は、そうじゃなかったです。かわいそうに。私は涙をこらえるのに必死でした。
予防接種も受けました。注射の時には、さすがに子猫は怒りました。大人猫が威嚇する時に出す声でした。
手術は混んでいるらしく、明日の夜か、日曜の夜に行なうことになりました。できるだけ早い方がいいみたいです。退院できるのは年明けだそうです。私は、ほっとしました。その間に里親探しができるからです。ここの先生も、里親探し、いろいろな人に声をかけてくださるそうで、私も、すがる気持ちでお願いしました。
今、こちらは冷たい雨が降っています。たぶん、猫さんたちのいる現地は雪でしょう。もお、二度と、その場所に子猫を返したくないです。同時に隣庭の人を腹立たしく思います。
兄弟が次々に亡くなり、ひとりぼっちになってしまった、この子猫、不自由のまま、この冬空の下に放置などできませんでした。今は暖かい病院の中で休んでいることでしょう。それだけがほんとうに、一安心です。
私も、精一杯、この子猫の里親探しをします。つきましては、愛媛県か、その近くの県の方で、この子猫の里親さんになってくださる方がおられましたら、メールをください。お願い致します。

tsubasa-2015@m2.dion.ne.jp
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-21 18:10 | ララ | Comments(18)

子猫を保護しました。

e0039975_178134.jpg

本来は、予防接種をしていないと病院内には入れないらしく、今回は緊急を要するので、すぐに受けました。
e0039975_17104444.jpg


診察券も頂きました。
e0039975_17111614.jpg


入院と手術の同意書です。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-21 17:14 | ララ | Comments(2)

子猫を保護しました。

e0039975_172155.jpg

仕事場から家に連れて帰っている車内です。
e0039975_1741133.jpg


家に帰り、かごの中にタオルを敷いて子猫を入れ病院へ。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-21 17:06 | ララ | Comments(6)

クリスマスの夜には。

e0039975_2333050.jpg
e0039975_2335788.jpg


クリスマスの夜には、いつもより豪華な食事を、みんなにお届けします。

たくさん食べて厳しい冬を乗り越えてください。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-20 23:07 | ハチワレ君 (総務にゃん) | Comments(2)

最後に

e0039975_1194510.jpg

一番、お母さん似だった、君のことは忘れません。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-20 01:20 | | Comments(0)