母猫と一緒だった頃。

e0039975_23454819.jpg

君が、私と、君の生まれた場所を去る時、君のお母さんは、遠くまで追いかけてきました。

君が、いなくなることを、君のお母さんは、感じ取っていたのでしょうか ?

でも、君が、再び、ここへ帰ることはないのです。

かわいそうだけど、それが、君の為だから。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-25 23:50 | ララ | Comments(6)
Commented by きみこ at 2005-12-26 00:40 x
運、というものがあります。tsubasaさんに救われたこのニャンコは、その運を確かにつかんだような気がします。幸せになって! 心から願い、毎日祈りますね。そうそう、この子は男の子か、女の子か、どちらなんでしょう。女の子という気がしますが。

Commented by maronn-05 at 2005-12-26 22:22
あ~、胸にきゅんとする言葉ですね・・
母猫もいとおしくなります。
でも、せっかく助けた命。
温かい安住の地を見つけましょう!
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-26 22:51
きみこさん、こんばんは。
私も、この子は、女の子だと思っていたのですが、病院で、男の子です。と、判明しました。この子の兄弟たちの性別が分からないままだったのが残念です。兄弟の中でも、この子が一番おとなしい子でした。私の元に遊びに来る事もなく、大人猫たちと一緒にいるか、一人で、ぽつんと立っていることのほうが多かったです。
でも、朝、現地に車で着いた時、この子が大きな声で、「ニャー。。(早く、なにかちょーだい。) 」 と、まだ動いている車の元につっこんできていました。すごく危ないことが多かったです。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-26 22:58
maronn-05さん、こんばんは。
この子の母親は、スリスリ母猫といいます。一番最初に、懐いてきた猫で、よく、足元にスリスリしに来ていました。ここの猫たちの、ほとんどの子は、スリスリ母猫の子供たちです。
Commented by 無名 at 2005-12-27 09:43 x
冷たいかもしれませんが、
tsubasaさんがいくら頑張っても、まずスリスリ母猫やその子供の雌猫を避妊しない限り、また不幸は繰り返されると思います。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-27 21:39
無名さん、こんばんは。
それは、私が一番悩んでいることです。
去年は一回の出産でしたが、今年は、四回の出産がありました。
ここの子たちを、どうにかしないと、また、不幸は繰り返されると思います。
その件は、これからよく考えていきたいと思っています。


<< 車の下。 手術成功しました。 >>