許してください。

e0039975_1439355.jpg
e0039975_14393574.jpg


良いご報告をと思いながらも、許してください。仕事も手につかず休みました。
12月2日、私は、この子の里親探しをしました。ことごとく断られ、最後に可能性のある、年老いた猫二匹を飼っている夫婦のもとへ、かなりねばったのですが・・・
私は、この子を病院へ連れて行き、その後、貰っていただく話をしました。しかし、返事は厳しいものでした。「 あなたの良心で子猫を病院へ連れていきたいのは分かるけど、そのあと自分が飼えないから人に押し付けるのはどうかと。だいいち、こんな子は世の中にたくさんいるでしょう。猫だけじゃなく餓えている子供たちも。あなたがみんなのめんどうを最後までみれるのならそうしなさい。中途半端なら最初から手を出さないこと。」 と。
私は、この頃は、なにがなんだか分からなくなっていました。
この子猫を病院へ連れて行こうと抱きかかえて車に乗せようとしたら、子猫は嫌がって私の肩を登り、飛んで、他の猫たちの元へ逃げていき、顔だけこちらを振り返り悲しそうな顔で私のことを見ていました。ここにいたいのか。みんなと離れたくないのか。
「 へたに手を出すな。」 と言っていた夫婦の言葉。
でも、助けている人は現実にいます。救われている命もたくさんあります。
ただ、私に力量がないのです。この子たちのそばにいた人間のせいで運命が大きく変わってしまいました。申しわけありません。ほんとうにごめんなさい。
12月5日の夜、この子の姿を見たのが最後になりました。
ほっておいたら死んでしまうと分かっていながら見捨ててしまいました。みなさん、すみません。
こんな私で、どうしようもないです。
[PR]
by tsubasa-2015 | 2005-12-14 15:24 | | Comments(32)
Commented at 2005-12-14 17:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kochi at 2005-12-14 17:38 x
ぼくのあくまでも考えです
言われてることが正論だとも思います
でも
間違っていようが
無駄であろうが
非力であろうが
それで迷惑がたくさんかかるのであろうが
遠巻きにみていても解決するものではないと思うのですが・・・
無駄なこと
ダメなこと
そんな行動がなにかを動かし
なにかをつかむのではないでしょうか?
ダメかな・・・・・
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-14 19:38
kochi さん、非公開でご連絡先まで書いて頂きほんとうにありがとうございます。頭の下がる思いで自分が情けないです。
ただ、ここの猫さんたちは、私が仕事に行っている隣の人が飼っている猫さんたち。飼っているといっても、餌を与えているだけなのですが。
近所付合いも遮断している人なので、私もまだ顔をみたことがありません。猫を保護するには黙って連れ去るか、この家の人に直接会って話すしかないと思います。私は、猫さんたちの今後のこともあるので直接、この家の人に会わなければならないと思っています。その時の問題は、私を仕事で雇っているここの主人と隣の人は仲が悪いこと。ここの主人と近所の人が過去に役所に通報して多くの猫さんたちが処分されたこと。
猫さんたちを飼っている家の人は孤立している現状です。
私は、一個人として、いずれ、この家の人に会って話さなければと思っています。その時、私のできる事は猫さんたちの虚勢手術の援助です。
話の通じる人なら解決に向かうのではと思うのですが、いろいろ不安が残ります。


Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-14 19:39

子猫たちが亡くなって、隣庭に住んでいる猫は、13匹。
近所にいる猫は10匹以上はいます。
せめて隣庭の猫さんたちだけでもなんとかしなければと思っています。
kochi さんの、猫たちを引き取って探してくださるお気持ちには、ほんとうに感謝いたします。ありがとうございます。
私は、できるだけ、まわりの人に負担、迷惑が、かからないよう解決策を見つけていこうと思います。 kochi さんのお心遣い、私の胸に刻んでおきます。
Commented at 2005-12-15 02:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-15 23:07
kochi さん、こんばんは。
見ず知らずの私なんかに有難いお言葉、感謝するしだいです。
こちらは愛媛なので、 kochi さんの、お住まいからは遠いです。近くなら直接会って、いろいろ相談したり、お助けしてもらったりできるのですが、なかなかそうもできません。同じ小さな命を愛し見守る者として kochi さんに励ましのお言葉を頂くだけで十分だと思います。これからもアドバイス頂ければと思っています。
私も、最後に見た子猫の姿を何度も何度も思い出している毎日です。そのつど涙が出てきます。隣庭から赤ちゃん猫の鳴き声が聞こえていた8月、9月を思い出します。わずか、2、3ヶ月で星になってしまった無常、命あるもの、みんな平等だと思うのですが。
Commented by きみこ at 2005-12-15 23:26 x
はじめまして。kochiさんのサイトから来ました。私も、既に猫6匹、うさぎ3羽を抱えてしまいました。だから、気持ちはよくわかります。せめて避妊だけはしてあげたい、という気持ちも。どうか、一人だけでなんとかしよう、と思わないでください。いろいろなサイトもありますし。私も、10月に、3ヶ月くらいの子をどうしても捨てていけなくて拾ってしまったばかりなので、(状況も含めて)気持ちがすごくよくわかり、あつかましくもコメントさせていただきました。
Commented at 2005-12-16 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-12-16 01:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cobra2005k at 2005-12-16 01:50
はじめまして、kochiさんのブログからやって来ました。
どうしてもtsubasaさんのことが気になり、私なりに考えた
思いを、私のブログで書かせていただきました。
よろしければ、ご拝読くださいませ!
Commented by at 2005-12-16 13:29 x
はじめまして、お邪魔します。一人ですべてを完璧にするなんて、不可能です。だからといって、全くなにもしないのも違うと思います。自分の周りのことから、できることからやっていけば、いいのだと思います。
お隣の猫さんたち、去勢避妊が出来ればいいですね。
http://www1.ocn.ne.jp/~tekitoni/010524.html これ、ご参考になさってみて下さい。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-16 19:58
きみこさん、はじめまして。
応援して頂きありがとうございます。全ての猫さんたちが暖かい部屋の中で暮せればいいのですが、それは難しいですね。だから、私たちは一つでも自分のできる事をしてあげたい。きみこさんはすでにたくさんの命を救われていますね。実行力もあり、無力なのは私の方です。
本来ならば、私は、みなさんから、お叱りを受けなければならない立場だと思っています。きみこさんの様な人がたくさんいれば不幸な子もいなくなるでしょう。私も、きみこさんに近づけるよう、努力していきたいと思います。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-16 20:22
非公開コメントの、あsさん、はじめまして。
あsさんの言われるとおりだと思います。どんな批判、お叱りを受けても、今の私は何も反論できません。うつむいたままです。
私の思い、行動がどうであれ、結果は、こうなってしまいました。私が、あsさんの立場なら同じ事を思い、言うと思います。
現に今、私は暖かい部屋の中にいます。あの子たちのいる場所は私の所から車で40分くらいの山の中です。かなり寒いです。まだ子猫もいます。大人猫たちはともかく、初めての冬をむかえる子猫には非常に厳しいと思います。隣庭の中で、みんなとかたまって暖かくして過ごしているだろうか、明日は会えるのだろうかと、いつも思っています。でも、私は暖かい部屋にいます。これはいったいなんなんだろうと、私の中で葛藤している毎日です。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-16 20:48
cobra2005kさん、はじめまして。
cobra2005kさんのブログ、ご拝読させていただきました。
なんだか、気持ちが、らくになりました。このところ、何処にいても何をしていても考えることは、ここの猫さんたちのことばかり。何もできないノイローゼ人になっていると思います。夜中に、気になり現地に行く事もあります。行っても、見て、すぐ帰るだけ。帰りかけて、また、ひき帰す事もあります。私は、いったい何をしているのだろうと思う日々です。自分自身、わけが分からなくなっているのだと思います。お聞き苦しく申し訳ありません。cobra2005kさんのブログを見て心が和らぎました。ありがとうございます。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-16 21:19
杏さん、はじめまして。
杏さんのブログ、拝見させていただきました。いろいろ参考になることがたくさん記載されていて勉強になります。私は、ここの猫さんたちに出会う前は、猫や、その他の小さな命には、まったく感心のない人間でした。そのままだったら、野良猫がいれば、しっしっ、と追い払い、野良犬がいれば石を投げていると思います。増えた野良猫たちを見て、いなくなればいいのにと思っていたかもしれません。今、考えると、とても怖いです。
ここの猫さんたちに出会い、情も入っていき、見えなかった世界、小さな命というもの。必死に生きている姿。食べていくという事とは。など、私が以前まで考えもしなかった事を教えてくれました。何不自由なく暮していた私自身、考えさせられました。不思議なものです。野に生きる小さな命からいろいろなことを教えられ、気づかされるのですから。
Commented at 2005-12-16 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2005-12-16 22:40 x
tsubasa-2015さん、ご訪問くださって、ありがとうございます。
ノイローゼになるかと思うくらい悩むこともあります。でも、出来ることからやっていくしかすべがないのです・・。少しずつ、善い状況にかわっていけば、いいですね。いろんなことに思いやれるように、なりたいです。がんばりましょうね。
Commented at 2005-12-17 00:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-12-17 01:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-17 23:40
非公開コメントの、きみこさん、ありがとうございます。
きみこさんの、ここの猫さんたちへの心遣いに感謝いたします。でも私は経済的には大丈夫ですので、ありがたい、そのお気持ちだけ、ちょうだいし、ここの猫さんたちに伝えておきます。きみこさんは、たくさんの子を育てておられるのだから、その子たちの為にだけしてあげてください。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-17 23:45
杏さん、ありがとうございます。
できる事からやっていきたいと思います。
まだ冬は始まったばかりですが、猫さんたちが過ごしよい春が早く来ること、まちどおしいですね。
Commented by きみこ at 2005-12-17 23:57 x
私も、できることをやっていきたいです。さしあたって、毎日のようにごはんをもらいに来る子の避妊手術をなんとかしたいと思っています。幸い、私の家の敷地にやって来る子なので、強制保護だわ、と思っているのですが、なかなか大変そうです。うまくいくよう、祈っていてください。女の子みたいなので、とにかく早く避妊手術をしないと、と思っています。ノラ猫を減らすことに熱心な獣医さんの予約も取ってありますが、どうなるか・・・。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-17 23:57
非公開コメントの、 myamo32さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
私のような、猫さんたちも飼えない、保護すらできない人間が、このようなブログを公開したのが間違いだったと、今も思っています。これからも何かあったらどうしようか、ありのままを公開してよいものか、正直悩んでいます。ほのぼのとした猫さんたちの写真だけを貼るのなら、誰も悲しまず怒らず済むのですが。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-18 00:08
非公開コメントの、petitさん、はじめまして。コメントありがとうございます。たった一匹の子猫でも助けられたpetitさんは素晴らしいです。決して無ではないですよね。その子猫もこれからpetitさんと共に幸せに暮せていけるのですから。救われた子猫にとってはpetitさんとの出会いは大きかったはずです。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-18 00:19
きみこ さん、こんばんは。
毎日のようにごはんをもらいに来る子がいるのですね。正直、うらやましいです。私も、猫が飼える環境で家族も猫嫌いでなければ、即、飼いたいです。その時こそ、ここの子たちと一緒に暮せて、堂々と幸せそうな猫さんたちの写真を紹介できるはずです。
ごはんをもらいに来る子の保護、うまくいくように祈っています。
Commented by きみこ at 2005-12-18 10:40 x
悲しいことや、苦しいことを見たくない人は、目をそらして生きていくしかないと思いますが、たとえ、見て記録することしかできなくても、こうした猫さんが生きている、という事実を記録してくださったことに感謝します。ほんの小さな命。でも、せいいっぱい生きている命の重みを感じ、愛し、いとおしんでくれている事実に、私はすごく感謝しています。今後ブログで公開するかどうかは別にしても、どうか見守り続けてあげてください。
Commented at 2005-12-18 23:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-19 23:29
きみこさん、myamo32さん、こんばんは。ありがとうございます。
私は、ここの猫さんたちを、私が死ぬまで見守り、手助けをすることを絶対に約束できます。それまで写真も撮っていくつもりです。
myamo32さん、私は大丈夫です。そのようには受け止めていないのでご安心ください。反対に駄目な時には遠慮なく叱って頂ければと思っています。これからもアドバイスよろしくお願い致します。
保健所から命を救われたのですね。素晴らしいです。他にもたくさんの子がいて悲しかっただろうと、お察しいたします。こちらにも動物愛護センターがあります。収容されている犬猫の99%が殺処分されているのが現実です。なんとも息の詰まる思いです。不幸な子はたくさんいます。なんの罪もない純粋な子たちが死んでいくのが納得できません。私たちが、そのような不幸な子たちをつくらないよう努力していくしかないですよね。
Commented by キャット at 2005-12-20 06:39 x
猫の森でお会いしたことのキャットです。
生の真価はその長さではなく内容だと思います。
この子達の一生は短かったですが、
伊予猫さんと遊んでもらって幸せだったと思います。
気にも留められず、死んでいく者たちがほとんどの中、
楽しい一時があったのは間違いないです。
どうかご自分を責めないでください。
全てやろうとすと逆に何も出来なくなることもあります。
みんなが出来ることをすればいいと思います。
Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-20 22:50
キャットさん、こんばんは。お久しぶりです。
生の真価はその長さではなく内容なんでしょうね。私なんかは、だらだら生きている方だと思います。
子猫たちは、ここに生まれてきて幸せだったと思ってくれてるのでしょうか? 二ヶ月前まで元気に飛び回ってたので、今が嘘の様な感じで寂しいです。こちらも雪が積もります。今、いる子猫の事も心配しています。今日は会えても明日は会えるのかなあ、と。冬だけに厳しいですよね。
朝、その姿があれば、ほっとします。大きな声で私の元へ、やってきます。
Commented by ririope at 2005-12-22 10:18 x
お久しぶりです。
私も、人1人の力には、限界があると思います。自分の出来る限りの精一杯でいいのだと思います。
しかし、どういったお話し合いをしたのかは存じませんが、ご夫婦に対して、「ねばった」のがよくなかったのかもしれませんね。そのことによって、ご夫婦は「猫を人に押し付けている」と、感じたのかも。それで、あのような厳しい言葉を言ったのかもしれませんよ。

Commented by tsubasa-2015 at 2005-12-22 20:04
ririopeさん、こんばんは。
確かに、あの時は、私はかなりあせっていました。視野も狭くなっていたと反省しています。
ご夫婦は、15才になる兄弟猫二匹を子猫の頃から飼っています。そのご夫婦から厳しい言葉が出たのも、私の言動の無さだと深く反省しています。


<< 最後に 一人ぼっちになった子猫。 >>