現地の茶色子猫。

e0039975_2243980.jpg


1月7日。

まさか、会えるとは・・・
昨年、4月9日ぶりに茶色子猫の姿を見ました。
今年の4月で、6歳になります。
ララより5ヵ月早く生まれ、ララが生まれてから現地で4ヵ月間、一緒に暮らしていた唯一残っている猫です。他の子はみんないなくなったけど、この子だけ現地で見ることができます。

e0039975_22154279.jpg

誰かに、ご飯をもらって生きていると思いますが、また、その場しのぎの様なことをしてしまい、持参のフードをあげました。

e0039975_22173316.jpg

[PR]
by tsubasa-2015 | 2011-01-13 22:19 | | Comments(2)
Commented by 枝豆 at 2011-01-14 20:12 x
ララちゃんと兄弟のように育ってきた猫さんですもの。
フードをあげたくなって当たり前ですよね。わたしはそれでも
いいと思います。
本当に心に沁みる風景・・・山だけじゃなく家並みがある
景色にとても惹かれるのです。
Commented by tsubasa-2015 at 2011-01-15 13:53
ララと茶色子猫が一緒に写っている写真を見ると、とても複雑な気持ちになります。
ここは伊予市の山の中で、ララの故郷でもあります。
ここの職場が無くなって、三年半、大きな節目でした。
猫たちに囲まれての仕事は、ほんとうに癒され楽しかったです。


<< 家に来て、今日で5年。 海浜公園の神社でお参り。 >>